2016年10月12日

137:話は変わってクラヴマガ体験


 …に、行ってまいりました。

 日子流は、流派立ち上げの初期においてクラヴマガの創設メンバーにたいへんお世話になったと、宗師の田中光四郎先生が、繰り返しおっしゃっていました。

 しかし、その方々が日子流の稽古においでになっていた時期と私が入門した時期とはギリギリかぶっていないようで、知識として耳にしたことがあるに過ぎません。
 ちなみにそのクラヴマガがどういうものか、私はまったく知らずにこれまで参りました。

「恩人の流儀がどういうものか、見たことも聞いたこともありません。想像もつきません」では、あまりに失礼に過ぎると常々思っていたところ、ちょうど最近クラヴマガのトレーナーの方とご縁が出来たため体験レッスンに参加させていただいた次第。
 
 体験というのは、本来入会も視野に検討の材料とするために行なうもので、私のようなのは理由としてかえって失礼にあたりそうなものですが、当日のインストラクターの方にはレッスン内容的にもかなりサービスしていただいたようで、恐縮の至りです。
 またその人気は、レベルに応じた細やかなクラス分けが出来るだけの会員数を擁するほどで、これには驚かされました。それだけ人々が求めているものをキチンと提供しているということなのでしょう。

 学ぶに値する流儀の基準をつらつらと挙げてみますに…

・技が優れていること。
(これは大前提のはずなのですが、一般論として意外とそうでもない流儀も、実はけっこう存在します。たいへん失礼なこととは存じますが、これは間違いのないところです。)

・次に、技の要点が合理的に整理されていること。
(説明になっていない説明をされる指導者もまた、少なくありません。残念なことです。)

・そして、その要点を修得するためのステップが用意されていること。
(自分で考えろ、という声が聞こえなくもないですが、稽古生の工夫は当然のこととして、だからといって教える側が工夫を怠ってよいわけではありません。)

・さらにそれを限られた時間内に教伝するための、稽古の「組み立て」のメソッドが確立されていること。

 ──などがありますが、クラヴマガはこの最後の部分に、とくに目を見張るものがあったように感じました。
 1時間という制限のなかにあれだけのことを詰め込むのか。なるほどなー。

 レッスン前もレッスン後も、あれこれお話の相手をしていただきありがとうございました。本当に充実した時間でした。

 …いけね。あんなに話して、「これからも何か機会がありましたら」とかお互い何度も言ってんのに、日子流の名刺渡すの忘れてた。

 ダメだなー。
posted by 秋山勇浩 at 00:09| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月10日

136:当たり前のこと――体重とか実戦とか(2)


 よく「実戦を想定した稽古」等、目にしたり耳にしたりしますが、どうにも尻の座りの悪い語感だと、常々そう感じておりました。
 稽古は稽古であって、実戦とはかけはなれた何かだろう…と。
 これは何も、稽古と実戦のどちらに価値があるということではなく、単純に別物なのではないかという、まあ当たり前の話です。
 実際、実戦はこうはいかないということを、田中光四郎先生はご自身の体験からたびたび口にされます。やはり別物なのです。
 にもかかわらず、それでも先生は、「稽古しかない」と、これも繰り返し繰り返し仰います。「実戦を繰り返せ」ではありません、「稽古しかない」と言うのです。
 先生は、本当に稽古を大切にされています。
 
 ここが大切なところなのではないでしょうか。

 本来稽古と実戦は別個の存在であるのに、それらを混同、あるいは何とかして近付けようとするところに生じる無理が、冒頭の言葉のちぐはぐさにつながっているのではないかと、私は思うのです。

 では、別物である稽古と実戦は、どのように位置づけるべきなのか。

 稽古は理想(※)の追求であり、実戦は現実と向き合うこと……大まかこのあたりを枠組みにしておけば、それほど間違いがないのではないでしょうか。


※理想…この場合は、あくまで、「高度に理に適った動作や状態」という意味であり、現実離れした妄想の類いではないことを、特に付記しておきます。

posted by 秋山勇浩 at 22:51| Comment(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

135:当たり前のこと――体重とか実戦とか(1)


 メジャーリーグの中にあって非常な細身に見えますが、イチローの身長・体重・体脂肪は180cm、77〜79kg、5〜6%と、それでも一般人の感覚からすればバケモノに近い体格をしています。

 小中高と野球をやっていた弟が言うには、「日本のプロ野球にいたころはイチロー1人だけ高校球児みたいな体格だった」のだそうです。私は野球にさほど興味ないのでその頃のイチローをよく思い出せないのですが、だとすれば渡米して増やしたことになります。
 あれだけの技術を有しているイチローでも、メジャーの中でやってゆくのにはそれだけの体格が必要だと判断してのことなのでしょう。

 77kgは、ボクシングの階級でいえばライトヘビー級にあたります。
 ヘビー級 → クルーザー級 → ライトヘビー級 …と、上から3番目ですよ、3番目。それも絞りに絞った状態で、です。
 17階級ある中の上から3番目。周りは基本的にヘビー級(=無差別級)。

 無差別級の中にあってふた階級も下の体格が長期にわたってトップレベルで活躍してきたこと自体、異常なことなのですが、それでもこの体格差が、技術でカバーできる限界の、ひとつの目安を示しているように感じます。
 野球よりももっと直接的な接触があるジャンルであれば、答えはおのずから明らかでしょう。
 
 合気道の黒岩洋志雄先生も、日子流の田中光四郎先生も、お痩せになってからの姿しか私は知りません。
 しかし昔の写真や動画で見る限り、お若い頃はやはり一種の怪物といってよい体格をしていらっしゃったようです。
 黒岩洋志雄先生は胸囲が110cmあったといいますし、田中光四郎先生も、どちらかといえば小柄な方なのに、80数kgの充実した体型をされていました。

 お二人ともご病気をしてお痩せになったため、以前にも増して理に適った動きをする必要に迫られる、ということはあるでしょうけれど、それは「理に適ってさえいれば体格的にどれだけ劣っていてもかまわない」ということを意味するわけではないでしょう。
 もしそうであるならば、お若い頃からスリムな姿をしていてもよさそうなものですが、事実はお二人とも圧倒的な体格に鍛え上げていらっしゃいました。

 当たり前ですが、やはり、あればあったほうが有利なのは事実なんですよね…。
posted by 秋山勇浩 at 00:31| Comment(0) | 日記・雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。