2017年04月14日

147:小太刀の特徴と面白味(1)


小太刀の特徴を簡潔にあらわすならば、外形的には「軽い、短い」ということになりましょうか。
そうすると棒状の物体としては取り回しがよい反面、刃物の機能としては必然的に「斬りにくい」ことになります。

簡単な思考実験をしてみましょう。
金属バットと玩具のプラスチックバット、両者が同じサイズのものだったとして、屈強な男が渾身の力で叩きつけた場合、どちらがダメージにつながるかは容易に想像がつくと思います。

 運動量=質量×速度
(『運動量と力積 わかりやすい高校物理の部屋』
 http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/mech/unndouryou/unndouryou.html

 ――だそうですから、最終的に達した速度が同一なら重いものの方が大きな運動量を持っていることになります。
すると、金属バット(約900g)に比べれば無にも等しいプラスチックバットの質量(約130〜150g)だと、相当な速度に達していても威力は比較にすらなりません。実に6〜7倍の速度で振ってやっと同程度。そんな高速でなど振れるわけがありません。

小太刀と大刀の重量差はそこまでではないので、思いっきり速く振れば運動量の不利をカバーすることは出来そうな気がしますが、さらにもうひとつ、寸法という要素があります。

今度は同じ重量の――そうですね、5〜6sくらいのダンベルと、同程度の重さをした1メートルほどの金属の棒を想像してみてください。
棒の端を持ち、肘の曲げ伸ばしでもってダンベルと同じように上下に動かすことは非常に困難なはずです。
つまり長ものの端を持っていれば、先端部では勝手に下方に力が働いてくれるということを意味します。(※1)
事実、大刀の袈裟など巻き藁ならば「釣り竿をヒュンと放るように」軽く振るだけでサクサク斬れます。

刀が勝手に食い込み切り裂いてくれるようなもので、田中光四郎先生は冗談で「100人やったら120人が斬れますよ(笑)」とまで評しています。
切り上げは袈裟に比べれば多少難度は上がるものの、やはり大きな運動量が慣性となって対象に働いてくれるため、刃筋さえ立てれば巻き藁などはこれも比較的たやすく両断出来ます。

一方小太刀は、その軽さ短さからくる運動量の小ささ、すなわち慣性の小ささから、対象に当たったその瞬間から大きく減速してしまいます。(※2)
結果、刃物としての切れ味が同じだとしても途中で止まってしまいがちで「斬りにくい」ということになります。

ではどうするか、というのが小太刀の面白いところで、簡単に言えば「身の近くで使う」というのが一つの原則であり答えです。


※1…
実際には同じ材質ならば細長くするほど強度が下がるので、そのバランスの範囲内でかつ現実的な使い勝手も加味して成形する必要があります。

※2…
軽いバットがさらに短くなったのを想像していただければ理解は容易でしょう。当たった後に振り抜くことが出来ないか、あるいは非常に苦労する、ということです。

極論かつ私事で恐縮ですが、中学生の頃、自動車にはねられたことがあります。車の方は交叉点を曲がるため歩行者ほどの速度まで減速していたにも関わらず、自転車ごと2車線以上も吹っ飛ばされました。
充分な質量があれば低速であっても相当な威力があるという一例として紹介いたします。
posted by 秋山勇浩 at 23:57| Comment(0) | 剣術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

055: また、つまらぬものを斬ってしまった…


 ── by 石川五右衛門。
 ルパン三世の新シリーズやってるそうですね。曜日も時間もチャンネルも知りませんが、懐かしいなぁ。

 海苔巻き_R.JPG
 ↑斬りそこねているとも、ある意味では斬れているとも言えますね。

 具_R.JPG
 もったいないので下の方ギリギリまで斬っていると、ときどきやってしまいます。
 
 骨に見立てて竹の芯を入れ抵抗値を変えることもある…と聞きますが、とりあえず木の芯について言うならば「気が付くと斬ってしまっていることがある」感じで、特に抵抗が変わる感触はありません。竹だとどんなふうに違うのでしょう。気になります。
 
 芯棒は常に2〜3本用意してはいるのですが、これをやらかしてしまうと地味に面倒くさいというのが正直なところです。
 そこでタイトルの台詞。

 そして今週はこれといった上達なし。残念です。
 そろそろ畳の残量に不安が出てきたので、また50枚ほど譲り受けてきました。
 最初にいただいたのが20枚。その後は約50枚ずつ、確かこれが3度目です。ということはZ君らを招いたときの20枚を除くと、ぼつぼつ100枚近くは斬っている計算になりますか。(半畳巻きにもしているから、一畳巻きではたぶんその8割くらい)
 動かない相手なんて素振りと一緒なんだから、もう少し上手くなっていてもよさそうなもんだな…。

 試割りが空手ではないように、試斬は剣術とは呼べません。体系の一部ですらないでしょう。
「試」の文字に示される通り、特定動作の確認方法のひとつに過ぎず、いつまでもこだわっているべきものではないように思います。この夏からの集中期間でつくづくそう感じました。
 だからといって出来ないままやめたのでは「上手く斬れずにあきらめた」という事実しか残りません。それに、斬れない剣を"剣"術と呼んでよいものかといえば大いに疑問を覚えるのも事実です。
 早く上達して、この種の稽古にはさっさとひと区切りをつけてしまいたいものです。
 
 他にもやるべきことは、沢山あるのですから。

posted by 秋山勇浩 at 23:07| Comment(0) | 剣術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月13日

049:連休は試斬まつり 〜軽いものを重く使う〜

 本日のノルマ。
 ノルマ_R.JPG
 (1畳巻×8本、半畳巻×10本)

 …すると片付けはこの量になります。
 事後_R.JPG

 今回はいつもの倍くらいです。一本あたり10〜12太刀くらい斬るので、トータル200回前後ということになるでしょうか。
 斬り終えた直後はかったるいやら反省やらで片付ける気が起きないのと、少しでも水分が飛んでからの方が袋が軽くなるので、ひと休みして落ち着いてから片付けます。

 事後2_R.JPG
 (パンパンに入れると重くて持ち上がらないので、45L に軽め軽めに入れて11袋)

 …しんど。

 不定期ながら、ならすと初夏あたりからだいたい隔週に近い頻度で、自宅ベランダを稽古場に試斬をしています。

 先週あたりからようやく六方斬り(左右袈裟、左右切り上げ、左右水平)らしきものが出来るようになってまいりました。──大刀は。
 肝心の小太刀は、というと、六方斬り(下記1〜3)も含め現在の可否はこんなところ↓です。

  大 刀小太刀
 1 (両手)左右袈裟
 2(両手)左右切り上げ△ (半:〇)
 3(両手)左右水平× (半:〇)
 4(右片手)左右袈裟
 5(右片手)左右切り上げ△ (半:〇)× (半:〇)
 6(右片手)左右水平× (半:〇)× (半:△)
 7(右片手)抜きつけ袈裟
 8(右片手)抜きつけ切り上げ× (半:〇)
 9 (右片手)抜きつけ水平
 注) 畳は6時間漬けの3〜4時間かげ干し。一畳巻き。カッコ内は半畳巻きの結果。「未」は未挑戦の意。

 抜き付けで斬るためには当然に片手水平が出来なければお話にすらならないのですが…。
 難しいですね…とくに小太刀は難しいです(※)。

 そして試斬はその名称の示す通り、あくまで試し・確認であって、抜刀や組み太刀など個別技法の「前提」のひとつに過ぎません。出来なければどうしようもなく、といって重点をおくべきはここではありません。(だいたい、斬るための道具でもって斬れるものを斬っているのですから、斬れて当然。斬れないなんて本来あってはならないことです。ならないことなんですけれど……)


 ……まだまだだなぁ。ε-(-_-;) フゥ

「小太刀の9割は突き(体当たり)」と田中光四郎先生はおっしゃいますが、それを斬れない言い訳にはしたくありません。
 急がなきゃ。素振りから見直しですな。


※…ごぞんじの向きは多いかと思いますが、斬りは本来腕力など用いず、刀の重さを活かします。
 これは上から下への袈裟はもちろんのこと、物体には慣性というものが働きますから、切り上げであっても刀の重さは大きく作用します。
 すると上下左右どちらの方向であれ、小太刀は質量が小さいのでそこに働く慣性も小さく、対象物に切り込んだ抵抗で大刀よりも減速しやすい性質があります。したがって充分な威力を発するには、それ以外の要素を乗せねばならぬ道理です。
 これが小太刀の難しさであり、面白味でもあります。

 武道の要諦にいわく「重いものを軽く、軽いものを重く」
posted by 秋山勇浩 at 00:45| Comment(0) | 剣術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする