2017年05月10日

149:小太刀の特徴と面白味(2)


途中に別件を挟みましたが、(1)の回で、「身の近くで使う」という小太刀操法の原則に触れました。

具体的には腕を伸ばさず肘を胴の近くで用いることになります。
たとえば上段からの真向切り下ろしであれば、たいていの人がまず肘を伸ばして腕全体で円弧を描くようにするところ、(日子流の)小太刀は肘から落とすように始動し、手刀で眼前の壁を撫で斬るかのように真下に振り下ろします。もちろん切っ先は楕円軌道に近い円弧を描くのですが、腕の動きは(体感的には)ほぼ直下に向かいます。
肩から腕が生えているというよりも、胴から前腕が生えているような感覚に近いかもしれません。
そうしますと、おのずとストロークが短くなるわけですが、ではどこでその分を補うかというと、膝です。

手掛け手首折り、という技があります。
手掛け手首折り_R.jpg
(壮神社刊『日子流体術 目録技解説』より)

上段突きに対する技で、合気道で言えば小手返しに似ていますが、身体の使い方や効かせ方は全く異なります。
初心者はこれを腕でなんとかしようとし、または手首をネジって効かせようとし、最後にはお辞儀のように上体をおっかぶせて倒そうとしますが、正解は膝です。膝を抜くことで腰を落とし重さを伝えるのです。(※)
そしてその際、肘は胴体に近い方が伝達のロスが少なくて済みます。

小太刀の袈裟は、この技の身体の使い方と似ています。(足は左右逆になりますが)
切っ先のトップスピードを上げるよりも、身体と一体化させるように用いることで刀の重さそのものを増加させるという方法論を、日子流では選択しており、したがって小太刀の袈裟が斬れれば体術の効きも目に見えて向上する道理です。
大刀のように身から離しても斬れるものでは得がたい感覚で、斬りにくいからこそ体術との親和性がきわめて高いという点が、小太刀の面白味・ありがたみの一つではないかと、私は感じています

さらに自分で持てば取り回しがよく、逆に仮想敵としても、日常起こりうる理不尽な暴力の際に想定される凶器はだいたいこのくらいの長さだろうということなど、他の利点も多々あります。
しかし、そういう実際的な利点もさることながら、やはり、ここで述べたような理合いの共通項の方が、私には大切なことのように思われます。こうしたことに興味を持ってくれる仲間が増えてくれたなら、非常に喜ばしいことです。


※膝を…
…というと、最初はだいたいの人がハーフスクワットのような曲げ伸ばしを行いますが、これもあまり効きません。
曲げ伸ばしではなく抜けばよいのですが、「抜け」と言われて抜けるくらいなら苦労はないわけで、そんな助言は、効かせ方をたずねられて「効かせろ」と答えるくらいに無価値で無責任なものです。

「抜けるようになる方法論」について、実際のメソッドや、それを出す出さないの判断は流派ごとに様々でしょうからそこは省きますが、指導の立場にある者は最低限、引き出しを用意しておくくらいの義務はあるでしょう。

posted by 秋山勇浩 at 23:34| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

141:審査会


 今日は日子流の平日クラスの審査会がありました。
 
 色帯の昇級については私に一任いただきました。
 まだ若かった頃、当時の流派で他人の昇級・昇段についてクダを巻いていた自分は、スジの通った考えを持つ純粋な稽古人のつもりでした。が、いざ任されてみると、そのときの考えが、無知からくる幼稚なシンプルさだったということを思い知らされずにはいられませんでした。それが正直な感想です。
 きっとあのときの先生方は、本当にあれこれ考慮していらっしゃったんだろうな……。

 たくさん考えてのことです。みなさんそれぞれに受け止めてください。
 
 ともに精進してまいりましょう。
 おめでとうございます!
posted by 秋山勇浩 at 00:54| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

137:話は変わってクラヴマガ体験


 …に、行ってまいりました。

 日子流は、流派立ち上げの初期においてクラヴマガの創設メンバーにたいへんお世話になったと、宗師の田中光四郎先生が、繰り返しおっしゃっていました。

 しかし、その方々が日子流の稽古においでになっていた時期と私が入門した時期とはギリギリかぶっていないようで、知識として耳にしたことがあるに過ぎません。
 ちなみにそのクラヴマガがどういうものか、私はまったく知らずにこれまで参りました。

「恩人の流儀がどういうものか、見たことも聞いたこともありません。想像もつきません」では、あまりに失礼に過ぎると常々思っていたところ、ちょうど最近クラヴマガのトレーナーの方とご縁が出来たため体験レッスンに参加させていただいた次第。
 
 体験というのは、本来入会も視野に検討の材料とするために行なうもので、私のようなのは理由としてかえって失礼にあたりそうなものですが、当日のインストラクターの方にはレッスン内容的にもかなりサービスしていただいたようで、恐縮の至りです。
 またその人気は、レベルに応じた細やかなクラス分けが出来るだけの会員数を擁するほどで、これには驚かされました。それだけ人々が求めているものをキチンと提供しているということなのでしょう。

 学ぶに値する流儀の基準をつらつらと挙げてみますに…

・技が優れていること。
(これは大前提のはずなのですが、一般論として意外とそうでもない流儀も、実はけっこう存在します。たいへん失礼なこととは存じますが、これは間違いのないところです。)

・次に、技の要点が合理的に整理されていること。
(説明になっていない説明をされる指導者もまた、少なくありません。残念なことです。)

・そして、その要点を修得するためのステップが用意されていること。
(自分で考えろ、という声が聞こえなくもないですが、稽古生の工夫は当然のこととして、だからといって教える側が工夫を怠ってよいわけではありません。)

・さらにそれを限られた時間内に教伝するための、稽古の「組み立て」のメソッドが確立されていること。

 ──などがありますが、クラヴマガはこの最後の部分に、とくに目を見張るものがあったように感じました。
 1時間という制限のなかにあれだけのことを詰め込むのか。なるほどなー。

 レッスン前もレッスン後も、あれこれお話の相手をしていただきありがとうございました。本当に充実した時間でした。

 …いけね。あんなに話して、「これからも何か機会がありましたら」とかお互い何度も言ってんのに、日子流の名刺渡すの忘れてた。

 ダメだなー。
posted by 秋山勇浩 at 00:09| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。