2017年04月14日

147:小太刀の特徴と面白味(1)


小太刀の特徴を簡潔にあらわすならば、外形的には「軽い、短い」ということになりましょうか。
そうすると棒状の物体としては取り回しがよい反面、刃物の機能としては必然的に「斬りにくい」ことになります。

簡単な思考実験をしてみましょう。
金属バットと玩具のプラスチックバット、両者が同じサイズのものだったとして、屈強な男が渾身の力で叩きつけた場合、どちらがダメージにつながるかは容易に想像がつくと思います。

 運動量=質量×速度
(『運動量と力積 わかりやすい高校物理の部屋』
 http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/mech/unndouryou/unndouryou.html

 ――だそうですから、最終的に達した速度が同一なら重いものの方が大きな運動量を持っていることになります。
すると、金属バット(約900g)に比べれば無にも等しいプラスチックバットの質量(約130〜150g)だと、相当な速度に達していても威力は比較にすらなりません。実に6〜7倍の速度で振ってやっと同程度。そんな高速でなど振れるわけがありません。

小太刀と大刀の重量差はそこまでではないので、思いっきり速く振れば運動量の不利をカバーすることは出来そうな気がしますが、さらにもうひとつ、寸法という要素があります。

今度は同じ重量の――そうですね、5〜6sくらいのダンベルと、同程度の重さをした1メートルほどの金属の棒を想像してみてください。
棒の端を持ち、肘の曲げ伸ばしでもってダンベルと同じように上下に動かすことは非常に困難なはずです。
つまり長ものの端を持っていれば、先端部では勝手に下方に力が働いてくれるということを意味します。(※1)
事実、大刀の袈裟など巻き藁ならば「釣り竿をヒュンと放るように」軽く振るだけでサクサク斬れます。

刀が勝手に食い込み切り裂いてくれるようなもので、田中光四郎先生は冗談で「100人やったら120人が斬れますよ(笑)」とまで評しています。
切り上げは袈裟に比べれば多少難度は上がるものの、やはり大きな運動量が慣性となって対象に働いてくれるため、刃筋さえ立てれば巻き藁などはこれも比較的たやすく両断出来ます。

一方小太刀は、その軽さ短さからくる運動量の小ささ、すなわち慣性の小ささから、対象に当たったその瞬間から大きく減速してしまいます。(※2)
結果、刃物としての切れ味が同じだとしても途中で止まってしまいがちで「斬りにくい」ということになります。

ではどうするか、というのが小太刀の面白いところで、簡単に言えば「身の近くで使う」というのが一つの原則であり答えです。


※1…
実際には同じ材質ならば細長くするほど強度が下がるので、そのバランスの範囲内でかつ現実的な使い勝手も加味して成形する必要があります。

※2…
軽いバットがさらに短くなったのを想像していただければ理解は容易でしょう。当たった後に振り抜くことが出来ないか、あるいは非常に苦労する、ということです。

極論かつ私事で恐縮ですが、中学生の頃、自動車にはねられたことがあります。車の方は交叉点を曲がるため歩行者ほどの速度まで減速していたにも関わらず、自転車ごと2車線以上も吹っ飛ばされました。
充分な質量があれば低速であっても相当な威力があるという一例として紹介いたします。
posted by 秋山勇浩 at 23:57| Comment(0) | 剣術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。