2016年06月06日

124:(火)16/05/31小太刀稽古記録


 思うところあり、平日クラスは5月からしばらくの間、月間テーマをもって稽古内容を構成することにしております。

 5月:「効く身体、壊れにくい身体、円滑に動く身体」
   (武道的な意味での身体づくり、身体の「仕組み」づくり)

 6月:「基本の攻撃と足運び」
   (日子流の身ごなしT)

 7月:「打撃とサバキ/短刀とサバキ/小太刀とサバキ」
   (日子流の身ごなしU)

 3ヶ月構成で(1)身体づくり→(2)身のこなしの基礎→(3)技の基本…というステップを踏む予定。(8月以降は様子をみてあらためて検討します)
 暦上は今回が5月最終回のところですが、今回からフェーズ(2)に移りました。
 予定繰り上げに大した理由ではなく、ときどき一杯やる道場付近の居酒屋の閉店に合わせて前回5/26に鍛練月間完了の打ち上げをしてしまい、また鍛錬メニューをするのに蛇足感があったためです。

 日子流では、各種の技法の稽古前に行う準備体操があり、これが単なるウォームアップではなく日子流の身のこなしの基礎を抽出した内容になっております。
 6月は小太刀・体術ともに、この準備体操と、基本の攻撃&基本の防御についての強化月間とします。

 さてこの準備体操の一番最初にあるのが袋竹刀の振り下ろしに対する踏み込みです。
先月は構成の都合上省略しており、久しぶりの動作なのですが、「膝を抜いて進むってこういうことだったんスね。いや〜全然そうやってませんでしたわ」と平日常連の岩田さん
 分かりやすく鍛錬月間の成果があらわれたようで、非常に嬉しい感想でした。


 <本日の稽古>

 □ 基礎鍛錬 □
 ・揺身歩(4種)
 ・肩甲骨はがし
 ・膝のヌキ(膝行、小太刀抜刀の足運び基礎等)
 ・芯の通し、重心降下
 ・基本の立ち方各種(上記の立ち姿勢を確認しつつ)

□ 基本動作 □
 ・素振り各種
 ・準備体操(袋竹刀に対する踏み込み)※

□ 組み太刀 □
 ・切り返し
 ・組素振り(初手10本のうち1〜6まで)

□ 〆□
 ・養気呼吸法等


※…通常、袋竹刀および短刀のサバキ以外の準備体操は、体術稽古でのみ行っておりますが、強化月間のため小太刀稽古でも数種ずつピックアップして行うことにしました。
ラベル:小太刀 剣術
posted by 秋山勇浩 at 22:19| Comment(0) | 稽古 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。