2015年05月01日

043:小太刀で試し斬りをしてみよう(3)最終回

 日付はまたも『小太刀で試し斬りをしてみよう(1)』のまま3/28(土)です。
 
 斬れはするのですが、どうにも爽快感から程遠いため、悶々としてしまいます。
 IMG_2766_R.JPG
 IMG_2768_R.JPG
 (前回の半畳巻き…斬り口の汚いこと。)

「ほんのちょっと──5mmの深さで手の甲を斬られたらもう刀なんて持てなくなるんだからな?」と、刀剣による負傷の深刻さについて青木宏之先生はそう説かれ、剣術において深手を負わせる必要性についてのナンセンスさを語られていました。しかし、だからといってそれを言い訳に試斬がヘタクソであっていいはずがありません。何よりそういう青木先生ご自身は、一升瓶ほどの太さの孟宗竹を大根みたいにズバズバと斬ってしまいます。(私はビール缶くらいまで……)

 竹も巻き藁も何度も斬ったことはあるし、簡単だったのにな……以前と何が違うのだろう。
 ものすごく腕が落ちたのかと、不安がもたげてきます。
 もっとも試斬の回数自体はさほどでもないので、落ちるほど腕があったとも思えませんが。

 散らばった藁くずを片付け、何気なくネットで「試斬」を検索。普段は武道の情報などろくに見もしないのですが、こうも上手くゆかないといろいろ気にせずにはいられません。
 すると──
 
 某居合道宗家のブログで「乾燥した巻藁はよほどの手練でないと、刀を大きく損傷させます」との文言。
 
 ──え?

 巻き藁を水に漬けるのって必須だったの?

 いや、確かに今まで経験した巻藁はどれも濡らしたものでしたが。
 また以前、これも青木先生が、試斬で使う巻藁が3日とか、流派によっては1週間近くも水に漬けたものであることについて「そんな腐りかけの藁なんか斬れなかったらどうかしている」か、それに近い旨のことをおっしゃってたので、そんなもん斬っても仕方ないだろと思ったり……。
「数をこなさねば」という思いもあって、今回そこは省略してそのまま巻いては斬りつけを繰り返してました。

 するってぇと、これがサクサク斬れたら「よほどの手だれ」にリーチってことなのでしょうか?いや確かに難しかったけど、出来ないってほどじゃ……よっしゃ、やったる。
 田中光四郎先生も、「春〜夏の竹なんて斬れて当然。真冬の乾燥した斬れない竹を斬るから面白いんですよ」とおっしゃってました。
 先生の方向性とも一致しています。これはやりがいのある目標を発見しました。
 
 しかし本当にそんなに違うのかどうか。以前に経験した巻藁斬りはもうずい分前ですし、大小の刀や濡れ藁や乾燥藁とさまざまに条件を変えて比較したわけではないので、どれくらい違うのかピンときません。
 さっそく濡らして試してみましょう。
 
 とはいえ数時間なんてとても待てないな…ということで、ベランダで水まいて15〜20分ほど経ったのを小太刀で斬ったのがこちら。
 巻き藁_R.JPG

040:日子流小太刀を作ろう(5)最終回』の最後に載せた巻藁です。
 半畳巻きであれほど苦労していたのが嘘のように、一畳巻きがザックリ。
 
 ホントだ全然違うわ。こんなことだったのか。
 
 前回の答えは「(5)その他」で、「巻き藁が乾いていたから」でした。ε-(-_-;) ホッ…ヨカッタ、ウデノセイジャナイ
 

 ***  ***
 

 さて後日談を申しますと、この翌週、神楽坂の本部道場で試斬の稽古が行われ、やはりどうということもなく左右の袈裟とも普通に斬れました。(※)
 内心ホッとしてさらにその翌週4/11、小太刀の審査に臨みましたところ、田中先生から「斬り上げをしたことはありますか?」とのお言葉。
 うわ…そうきましたか。もちろん未経験です。はい。
 しかし「体術の補助的な位置づけで剣も一応振ったりする」くらいの流派ならばともかく、日子流において体術と小太刀は稽古の両輪です。小太刀もやがては専門家の領域を目指さねばなりません。
 初めてこれを習い、その場でチャレンジ。当然に斬り上げは今ひとつだったのですが、しかしながら弐段を許されました。オマケの感が否めず、どうにも歯がゆい気持ちが残ったので、翌週ふたたび巻藁を用意していただき、本部のちゃんとした試斬台で自主稽古。
 結果、斬り上げもほぼ確実に出来るようになりました。
 ……次は水平ですね。


 ここで自流派の宣伝です。
 日子流では、本部道場開設後、このように試斬もある程度定期的に行うことで今まで以上に小太刀の技術修得を目指しつつ、その同じ理合いから組み立てられた体術や護身術の稽古が行われています。

 関心を持たれた方はぜひ一度、見学においでください。体術・小太刀・護身術──いずれの体験からでも結構です。
 お問い合わせはこちらから。お気軽にどうぞ。
 
 事務局でなく私個人宛の場合はこちらから。さらにお気軽にどうぞ。
 私は現在、平日19:00からの稽古枠、火曜の小太刀と木曜の体術の指導を担当しております。


※巻き藁…
 日子流では一晩漬けて一晩陰干しです。さらに芯に細竹を入れると人体に近くなるのだそうですが……「刀が傷むからといって、最近はそういう巻き藁を斬る人もいなくなりましたね」とは田中先生の弁。
 いつか──いずれそう遠くないうちに、そういうものが斬れるようになりたいものです。
ラベル:剣術 道具 雑記
posted by 秋山勇浩 at 01:12| Comment(0) | 剣術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。